庭の雑草対策と剪定がもたらす効果~害獣の侵入リスクを激減させる~

庭のお手入れで害獣を立ち入らせない環境を作る 庭のお手入れで害獣を立ち入らせない環境を作る

庭のお手入れが害獣対策に結び付く~作業はプロに任せるのが一番~

庭

庭の環境によっては、害獣が好んで侵入します。害獣被害に遭わないために、害獣の習性を把握し、それに見合った対策方法を施せば、敷地内への侵入を未然に食い止められます。ここで、害獣が嫌がる環境の作り方を把握しましょう。

害獣を寄せつける家の特徴

意外と、都会でも害獣の被害に見舞われることがあります。こちらでは、害獣が好む環境の家の特徴について紹介します。

庭木が伸びている
ハクビシンやイタチは、害獣の中でも木登りが得意です。足の指先を器用に使って上手に木に登るだけでなく、木の枝を通じて屋根に飛び移れます。高所でも軽快に動くので、家屋を破壊して天井裏や軒下に侵入する場合もあります。天井裏などから物音が聞こえたり、自宅の近くに木を植えていたりする場合は注意しましょう。
雑草が生えっぱなし
害獣対策を行なうなら、まず庭先の雑草を除去しましょう。雑草を伸びっぱなしにしていると、あらゆる虫が湧いて出てきます。雑食性である、ハクビシンやイタチは虫も好んで食べるため、庭先に呼び寄せる要因となります。食料に困らない環境を見つけたら、寝床として居座り繁殖活動をするため、糞尿被害が拡大します。

剪定と庭の雑草対策で解決!

害獣を敷地内に引き寄せないためには、侵入経路と餌場を作らないことです。屋根裏に侵入させないために庭木の剪定、餌となる虫が湧き出てこないため雑草除去を行なうのが重要です。屋根に到達しない程度の長さに木の枝を整えれば、屋根裏に侵入されにくくなります。雑草の影響で湧き出る虫を除去し、餌を確保しにくい環境に整えると、害獣被害に悩まされにくくなります。

プロに作業を任せる

庭の雑草対策と植木の剪定は、害獣対策にもつながりますが、危険な作業もあるので、安全を考慮して業者に相談しましょう。

剪定や庭の雑草対策を自分でやるのはだめなんですか?
自分でやると安上がりです。しかし、多大な手間と労力がかかるのは勿論、高所に登って行なう作業が必要なため危険がつきまといます。選定や雑草の除去を専門業者にお願いすれば、効率よく作業を行なうのは勿論、見栄えにもこだわってくれるので、きれいな庭先と庭木にしてくれます。除去した枝と雑草の除去も代わりに行なってくれるので頼りになります。
子供がいるのですが、雑草対策で薬を使うことはありませんか?
お子さんがいる家庭なら、除草シートを使った雑草対策がおすすめです。文字通りの除草できる効果があるので、土の上に敷いて、化粧砂利や人工芝を敷き詰めておけば、雑草が生えにくくなります。しかも、水や風を通す性質を有しているので、木や花に影響を与えにくいです。ただし、経年劣化はするので定期的に交換が必要です。

害獣を大事な庭に寄せつけない方法

敷地内に害獣を寄せつけない環境にするなら、剪定や雑草除去後に忌避剤を撒くのが有効です。動物が危険だと感じる臭い成分で作られています。最近のものだと、木や花に害を与えないタイプのものが多く販売されています。

TOPボタン